英会話教材と英会話スクールどちらがいい?

英会話教材と英会話スクールどちらがいい?

英会話教材は自宅で学習を進めるのに効果がある方法ですが、人によっては英会話スクールへ通って英会話を習得したいという人もいます。

いずれの場合もその人の生活パターンにより学習しやすい方法が決められます。

英会話スクールではネイティブの講師と直接英会話できるのが強みで英会話の上達も自宅学習よりも早いです。

また他の生徒とふれあうことにより英語表現の違いなども分かり、自分が話す英会話がどのくらいのレベルなのかも把握しやすいです。

また周りにいる仲間が頑張っているのだから自分も頑張ろうとする競争心がわき、英会話上達に大変効果的です。

英会話講師がいるので英会話での表現の仕方がその場で聞くことができ、自宅独学よりも英会話表現を幅広く身につけることができます。

その人の社交的で積極性がある性格も関係しますが、英会話上達を早くマスターすることを目指すのであれば費用はかかりますが、スクールへ通う学習方法は大変効果があります。

スクールも多種多様で独自にユニークな学習方法があります。

例えばリーズナブルな月謝制のところもあれば1回1回のレッスンごとのチケットを販売しているところもあります。

英会話カフェを設け生徒と講師、他の生徒が楽しく雑談しているうちに自然と英会語を話せるように工夫されています。

こうした人と接するユニークな学習は英会話スクールならではのことです。

英会話スクールは下記のようなものがあります。

  1. ECC英会話
  2. レアジョブ
  3. COCO塾
  4. シェーン英会話
  5. GABA

などがあります。

どちらの方法がいいかは人それぞれ・・・

例えば、人とコミュニケーションをとりながら学びたいなら英会話スクールがいいでしょうし、家で黙々と英語を勉強したいなら、英会話教材というように、分かれると思います。これは自分が合ったほうで取り組むのがいいですね。長く続けられるし、飽きない事が大切ですから、まずは続けられるように好きなタイプでやり始める事をおすすめします。

英会話教材で勉強するのと、アルバイトの先生の下で習うのはどっちが得?

英会話教材で勉強するのと、アルバイトの先生の下で習うのはどっちが得?

英会話の教材は通信販売もされていますし、書店でも見つかります。一方で世の中には、英会話教室というものがあり、アルバイトで先生を雇って英会話の指導をしています。

英会話教材で英語を習得すべきか、それともアルバイトでも英会話教室に行った方が良いのかというと、しっかりと英語を身につけたいならば英会話教材で、英語をしゃべりたいならば英会話教室に通った方が良いでしょう。

なぜなら、英会話教材というのは文法をメインで教えているものや、ネイティブの会話に集中して英語を教えているものなど、英語を学ぶための知識が養えれるからです。

一方で英会話教室だと会話をするのに力を入れている教室が数多くあります。フリートークができるサロンがいつでも利用できたりなどの、環境を整えています。しかしアルバイト教師だと、教えるための免許を持っていない講師もいます。そういった人は、日本人がしゃべる英語を直してあげるとか、教師としては素人でもネイティブならばネイティブはこう英語を使うなどのレクチャーをします。根拠がなかったり、日本人の特徴を先生として捉えてなかったりなどもあります。

一概に英会話教材がこう、教室がこうとは言えませんが、どちらかというと上記のような傾向があります。英会話教材と教室でそれそれメリットとデメリットがあるため、英会話教材で学び、英会話教室で学んだ事をアウトプットするというのが一番良い方法です。英会話上達の近道は、様々な事をやってみる事です。

英会話教材の選ぶ際でのポイント

英会話教材には、全て買い揃えると20万円を超える商品から、僅か1万円以内で購入出来るタイプまで、実に色んな値段のものが豊富に販売されています。

英会話教材の選択方で1番重要な事は、商品の価格に比例した、高いレッスン効果を確実に得られる事です。

内容が充実している、豪華な装本の英会話教材を、数十万円のお金を払い幾ら買っても、途中で挫折してしまうと、全く無意味となり、結果的に大損した事へと繋がります。

反対に安く販売されている英会話教材を購入して、問題なく順調に続けられて、念願の英会話をしっかりとマスター出来たら、かなりお得な商品を手に入れた事になります。

もし仮に続かなかった場合の事を想定すると、英会話教材は絶対安い値段の方が安全だし、諦めたケースを考慮しても、大きなストレスになる事はまずないでしょう。

英会話のCDを制作し売り出している業者の中には、驚くほど安い料金によって、ダウンロード販売へと上手く対応しているところもあります。

入手したいメディアを気軽にダウンロードすれば、簡単に使用出来ます。ダウンロード版を最初に試聴してから、CDを買って行くのが、非常にお勧めである、有効的な購入方法だと言えます。

様々な種類の英会話教材を、沢山揃える事により、これだけで英語をちゃんと習得出来るような、妙な自信が沸いて来るものです。

しかし現実は全く異なり、数々の英語教材を例えいっぱい持っていても、英会話が必ずしも身に付くとは限りません。なので1社が開発している英会話教材だけにして、上手く覚えて行く事を強くお勧め致します。

おすすめの英会話教材サイト

ここでは英会話教材を購入する際に参考になるサイトを紹介します。初めての方は英会話教材って結構あるけど、どれがいいの?とわからない事も多いと思います。特に金額も大きいので、買い直しはしたくないですよね?今から紹介するサイトでは英会話教材について詳しく触れているので、ぜひ、購入する際は参考にしてみてください。

ビジネス英会話 – 教材 – 産経オンライン英会話

産経のビジネス英会話が学べる教材。ビジネスでの英会話を必要としている人におすすめ!

英会話教材 徹底比較 【初心者におすすめな教材とは?】

英会話教材や英会話をマスターするためにいろいろ比較してあるネバーまとめ。スピードラーニングやエブリデイイングリッシュなどの教材の口コミなどもあり。

英会話教材おすすめランキング

英会話教材をおすすめ順にランキング表示しているサイトです。有名な英会話教材をレビューしているので、とても参考になります。

最後に

せっかく英会話教材を購入しても、継続できなければ意味がありません。また、時間をかけて学習しない限り、英会話は上達しません。

英会話の上達は、スポーツによるトレーニングと同じく体に染み込ませて記憶する必要があります。継続に良い条件とは、自分がどれだけ続けられるかと言うことです。

まずは、自分の実力に見合う教材を選ぶことが大切です。自分の実力以上の教材を選択した場合は、かえって苦痛になることがあるのです。それがある程度の学習が進んでいる場合、挫折の原因になってしまいます。

次に、内容が面白い理屈にあった教材を選ぶことが大切です。理屈抜きに面白いと思えば、誰でも学習に対する意欲がわいてきます。

例えば、恋愛に興味がある人は恋愛に関する教材を選択するでしょうし、他にもスポーツや演劇など自分の興味にあわせた題材の英会話教材があります。また、教材選びには自分のライフスタイルにあわせた教材を選ぶことも大切です。

例えば、1日1時間以内しかないという短い時間の場合、短期間で習得できる英会話教材を選ぶことが望ましいです。逆に主婦のかたなど長時間学習することができるという人は、それにあわせた教材を選ぶことが大切です。

通信販売で購入した英会話教材については、定期的に送付されるプランが一般的ですが、自分のペースで配送スケジュールを調節することも可能になるなど様々な教材が発売されていますから、自分にはどの教材があっているかを見極めることが大切です。